INTMEのススメ
INT極MEの活動及び考察
告知欄
90000HIT到達ありがとうございます、次回記念HITは100KHITです。
踏まれた方は例によって報告お願いします。
最近コメント欄に知り合いの名を騙って垢ハックURLが貼り付けられています、
コメント欄のURLはどんなものでも絶対クリックしないようご注意ください。
URLが貼られていた場合はどんなものであっても削除させていただきます。

スペシャルサンクス(告知欄作成協力)・黒崎紫闇さん。

「第69回見返美女計画競市のおしらせ」
10月10日22時より見返美女計画の第69回競市が行われます、
皆さんのご参加を心よりお待ちしております。

Web拍手を設置いたしました、ご意見・ご感想・リクエストなどお気軽にどうぞ
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
前回の日記の追記
前回の記事に追記部分がありますのでそれを書いていきます。
今回はさまざまな場面における対応方です、
(今回も私の経験に基づいて書きますのでこれがすべてというわけではありません)

○ピンチの時の対応○

狩りをしていると何度もピンチの場面が訪れると思います、
MHに入り込んでしまったり、PTメンバーが死んでしまったりなどいろんな場合があります。
そう言う時こそプリが踏んばることによってピンチを切り抜けれますので
ピンチの時も焦らずに対応することが大切です。
ただPTメンバーや狩場、状況によって対応はさまざまですので
状況ごとの対応を書いていきます
(注・あくまでも私のやり方ですのでまだ別のやり方があるかもしれません)

・ペアでMHに入り込んでしまった。

この場合優先するスキルは塩(必要な場合)、ブレス、ヒールといった
詠唱がなくてディレイもあまりないスキルです。
塩、ブレスは直接攻撃力にかかわってくるスキルなので
この2つだけは切らさないようにかけなおしてヒールで戦線を維持します。
槍騎士みたいに広範囲スキルを持つ職と組んでいる場合は
攻撃力を落とさなければこれだけでどうにかなることもあります。

アサシンのように広範囲スキルがない場合は
塩、ブレス、ヒール以外にもひと工夫が必要になってきます。
アサシン側に余裕がない場合はヒールを最優先でかけて(おそらく連打になります)
余裕が出てきたら速度をかけていく見極めが必要です。
またバックサンクが可能な場合はバックサンクを併用するとヒールの負担が減りますし
MEプリの場合はMEを狙っていける好機にもなります。

WIZの場合は自分が壁になってWIZに敵が行くのを阻止して
自分はWIZが詠唱完了するまでただ耐えます。
ただヒールだけでは回復が追い付かない場合もありますから
回復剤を持っておくといいかもしれません。
耐えることも大切ですが魔法発動後の対応が一番大変ですので
WIZに敵がいかないように氷割などもしっかりしないといけないです。

・PTでMHに入り込んでしまった

前衛、後衛とも上記に書いてある対応をしていけばいいですが
支援する対象が増える分何を優先すればいいかわからなくなることが多いと思います。
まずWIZの安全の確保が最優先です、
SWがあるならWIZにSWをだして大魔法後のタゲ移りに対応して
WIZが次の行動に移りやすいようにします。
SWがない場合はWIZにタゲがいっても対応できるように
MBやインベナムなどを用意して自分でタゲをとってしまいましょう。
PTでMHに入り込んだときは後衛の火力が頼りになります
しかし後衛は打たれ弱いためカバーして火力を存分に揮える状況を作り出すのが
支援の役割といえます。
・PTメンバーの誰かが戦闘不能になってしまった

→前衛の場合
前衛が戦闘不能になってしまった場合は
前衛が引きうけてた敵が一気に後ろに流れてくるため
それに飲み込まれると後衛ではあっという間に死んでしまいます。
そうならないことも大切ですが、もしそう言う状況になってしまった場合は
まずは無理せず下がりましょう、そして自分で耐えれる量の敵を引っ張って
後衛と殲滅して前衛を助け出しましょう。

→後衛の場合
後衛の場合はまず状況を見て起こすタイミングをうかがいましょう
リザの間は前衛に耐えてもらうことになりますので
前衛が耐えれるほどまで敵の数が減るまで待つかバックサンクを併用します、
また起こした直後はすぐに戦線復帰できるようにヒールとブレスをかけます。

→自分以外が全員倒れた
無理せず一度退いて態勢を立て直しましょう、
あとは味方の倒れているあたりの敵をうまくはがして
リザのチャンスを作ります。
リザ1で詠唱速度が速い場合はフェン付で強引に起こしてしまうのもありです。
基本的にこの場合は敵を連れて飛ぶことになりますので
近くに人がいる場合は飛ばずに助けを求めるのがいいです。
(近くに人がいて飛んでしまうとMPKになります)

○支援として大事なこと○
まず支援として大切なのはかけ忘れがないことです
肝心な時にブレスが切れている、速度が切れているというは一番ダメなことです
(私にもたまにありますが・・・・・・)

そういったことのないように心がけたいのは
・常に味方の状態をみておく
速度や塩がきれたのは自分の目で見てもわかるので
そう言った状態を見逃さないようにするのが大切です。
そうしていると石化、凍結、沈黙といった状態異常にも
すぐ対応できるようになります。

・被ダメ与ダメを覚えておく
どの敵にどのくらいダメージを与えてどのくらいダメージを食らうかを覚えておけば
LAを効率よく合わせれたりヒールの調整でSPの節約
塩のタイミングなどいろいろわかることができるので
余裕があるときにどのくらいなのかを頭に入れておくとスムーズな支援ができます。

○最後に○

支援をしていると上記の状況だけではなく
さまざまな状況に陥ることがあります。
そういった時に支援がうまく動くことによって
切り抜けれないピンチも切り抜けれることがあります。
支援はあくまでも支援であって縁の下の力持ちという感じですので
役回りは地味かもしれませんがだからこそ大切な役目であります、
ただ支援をやるとソロはできませんし気を使って大変だったりして
やれないやりたくないという人も多いかと思いますが
大切な役目だからこそ皆さんに経験してほしいと思いますし
かつての私がそうだったように経験することによって
今までやっていた職でもいろいろ考えれると思います。

コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。