INTMEのススメ
INT極MEの活動及び考察
告知欄
90000HIT到達ありがとうございます、次回記念HITは100KHITです。
踏まれた方は例によって報告お願いします。
最近コメント欄に知り合いの名を騙って垢ハックURLが貼り付けられています、
コメント欄のURLはどんなものでも絶対クリックしないようご注意ください。
URLが貼られていた場合はどんなものであっても削除させていただきます。

スペシャルサンクス(告知欄作成協力)・黒崎紫闇さん。

「第69回見返美女計画競市のおしらせ」
10月10日22時より見返美女計画の第69回競市が行われます、
皆さんのご参加を心よりお待ちしております。

Web拍手を設置いたしました、ご意見・ご感想・リクエストなどお気軽にどうぞ
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
MEでの支援法・アコ編

今回の考察はアコ系ですがプリ同士のペアとなると支援法というよりは
ペア狩り考察みたいな感じになってしまいますのはご了承ください。

~特徴~
ヒール、ブレス、速度増加といった回復、支援系スキルが使用できるアコ系は特徴として
鈍器・ナックル系しか装備できないという制限があります、
プリーストは支援に特化したスキルをもちPTに一人は欠かせない存在です、
モンクはハッケイ、阿修羅などの単体への強力スキルのほか
三段掌から派生するコンボスキルも強力な攻撃です。
しかしどちらの職も強力な範囲攻撃をもっていません(MEは例外ですが)
ですので囲まれたらもろいという点を弱点として持ちますが
自分でヒールや防御スキルをかけることができるので持ちこたえることはできます。
支援としてはモンクと組む場合はモンクが前衛プリが支援になりますが
プリ同士のペアならば片方が攻撃、片方が支援という形になると思います。

~代表的なタイプ別支援法~

~支援プリ(DEX、VIT)~
支援に特化して自身の戦闘力は全くないこの型と組む場合は
MEでの狩が基本になります。
そのため支援は基本的に支援さん任せになってしまいます、
ですのでここではMEとしての立ち回りを紹介していきます。

・支援さんVITの場合
VITの場合は支援さんがタゲを引き受けることになります
ここで注意してほしいのは支援のかけ直しとかを相手に任さずに
自分も積極的に行うというところです。
DEXが低めの支援さんの場合すべてをやるのはきついものがありますので
詠唱のある速度やマグニをDEXの高いME側が行うとよりスムーズに狩ができますので
MEはMEだけしてればよいというわけではありませんので
支援も手伝っていく心がほしいです。

・支援さんDEXの場合
DEXの場合は支援さんだけにタゲを任せてしまうと
相手が事故死してしまう場合がありますので注意してください。
この場合はある程度自分もタゲをとっておけば
ヒールやキリエを状況に応じて相手が使ってくれます、
またどうしても危険な状況になったら素直にバックサンクをつかいます。
支援面に関してはDEXがあるのでと思わず
自分でブレス速度などをかけて詠唱に時間のかかる
マグニやキリエを相手にかけてもらうのがいいと思います。

「MEとの相性は?」
ME狩で最大のネックであるディレイまでの回復を補ってくれる存在はとても大きいです
ですからMEで狩る場合はこのペアの相性はかなりいといえます。
無論効率云々を言ってしまうとソロよりは落ちますが
ソロのできない支援さんを助けてあげるためにもMEとしては積極的に協力してあげるべきです。
MEとの相性:かなり良い

~殴りプリ~
同じプリーストでもINTではなくSTRやAGIをあげて直接攻撃に特化したのがこの型です
また自己支援のために支援スキルもとっているので支援も可能なのが特徴です。
攻撃力も自己支援で底上げしているため
通常攻撃は他の前衛にも負けないほどにまでなりますが
その反面強力な攻撃スキルがなく囲まれてしまうと
ヒールがあっても持ちこたえきれないことがあり
なおかつ支援としてもINTを抑えた分SPがつらくなるという弱点を持っています
ですからMEプリで組む場合は
・MEでの攻撃で殴りの負担を軽くする(MEが良く効く狩場を選択)
・支援は基本的にMEが行いグロやIM、塩は殴りに自らかけてもらう
・ヒールによる回復もMEが担当して殴りのSPをいざというときに温存する
というかんじでMEプリが支援と殲滅を両方行って殴りの能力を最大限に引き出します。
ただ操作はかなり大変になるかと思いますが、
ニブル谷のBマーダーなどMEが効かない敵を殴りが抑えて
残りをMEで倒すという感じで役割分担していけば
MEがソロでいけないところにでもいけますので
このペアはかなりの可能性を秘めていると思います。

「MEが必要な状況では?」
自分でヒールを持っていても囲まれてしまうとつらい殴りプリですので
ここはすばやくMEを出して自分もヒールを使っていくようにします。
ヒールが間に合いそうにない場合は素直にバックサンク使います。
また一回のMEで倒しきれないと感じたらMEの効果時間内であっても
2回目を出してMEが効く敵を一気に殲滅してしまいます、
下手に時間をかけすぎると後から沸いてきた敵により
MEを打つに打てない状況に陥る可能性もありますので
すばやく殲滅することが大切です。

「MEとの相性は?」
自分で支援ができて前に出る型ですので相性はいいです、
あとは殴り、MEともにMHへの対処ができれば
さらに相性は良いと私は思います
MEとの相性:良い~かなり良い

~コンボ型モンク~
この型は三段掌から次々とスキルをつなげていく型で
チャンピオンスキルの連注崩撃にまでつながった場合は
どの前衛系職業も真っ青になるほどのダメージを出せます。
ステータス面ではSTRと三段掌を出しやすくするためにAGIをあげていることも多いですが
コンボと他のAGI前衛の最大の違いとしてコンボはスキル攻撃職だということです。
ですので支援はまずブレス塩は欠かさずにかけます
そして他のAGI前衛ではあまり使わないLAをコンボにうまく重ねることで
より高いダメージを与えることができます。
コンボにはLAをうまく重ねにくいとも思われるかもしれませんが
コンボはスキル発動後次につながるまで硬直時間jがあります
その時間にあわせてLAを使えば確実に入れることができますので
IMやグロよりもLAを優先して考えます。
防御面では自分でヒールを持っていますが
コンボにSPを使うのでなるべくME側がヒールをかけ
防御スキルもなるべく常時の状態にしてコンボに必要な
気孔をためるのをとめられないようにします。

「MEが必要な状況では?」
単体攻撃で非常に強力なコンボ型ですが
AGI型の特徴である囲まれてしまうと厳しいということと
強力な範囲攻撃スキルがないというアコ系の特徴を持っていますので
MEが必要とされるほどのMHではかなりの危機に陥る可能性もありますが
クエストスキル寸ケイの登場により
敵を弾き飛ばしてスタンさせることにより時間を稼げるようになったので
モンクにタゲを任せて寸ケイで時間をかせでもらい
MEで殲滅する形に持っていくのがベストです。
また多少の被弾も自分で回復できるのは強みです。

「MEとの相性は?」
AGI前衛ですので悪くはなく必要な支援もすくないので
MEでも十分支援しきれると思います。
またMEまでの時間稼ぎやMEが効かない敵への対処もできますので
他のAGI前衛よりも相性はいいのではないかと思います。
MEとの相性:かなり良い~非常に良い

~阿修羅~
全スキル中で最強スキルの阿修羅覇鳳拳を使うための型で
ステータスはSTRを中心にINTやDEXをあげていくので
防御ステを全く振らず回避も耐久もできませんが
ハッケイや指弾の高い攻撃力でやられる前にやる型です。
この型と組む場合はまずブレスをわすれずにかけて
その後はただひたすらLAを重ねて一撃必殺で敵を倒します、
ですので防御面は何も考えず被弾にヒール使い
あとはLAを重ねて敵を倒していくことだけを考えていきます。
基本的に一撃必殺なのでモンクに耐久力がなくても殲滅に時間がかからないため
VITのないMEでも十分に支援が可能です、
ですが狩がすべてスキル攻撃になるので
マグニだけは忘れずにかけなおすことが大切です。

「MEが必要な状況では?」
狩場が限られているのでまずあまりないとですが
もしもMEが効く敵などに囲まれてしまった場合は
すぐにMEを打つよりはハッケイで処理できそうな敵をまず倒してもらいます
その上でMEを使っていけばより確実だと思います。
またAGIコンボと同じく寸ケイで時間稼ぎをしてもらっても良いです。

「MEとの相性は?」
スキルをつかっての一撃必殺狩りになりますので
支援は手早くかけなおししたいですからDEXが必要です
その上プリにVITがなくてもやっていけることが多いですので
ペアとしての相性は良いと思います
MEとの相性:かなり良い

~特別コラム・ME支援と生体3~
昔はGvやボス用だった阿修羅覇鳳拳も
今は生体工学研究所3階で狩をするための必須スキルとなっています。
毎日ソロやPTで阿修羅を撃っている人は多く
生体3は阿修羅型にとって避けられぬ場所になったと思います。
そんな場所でMEプリはいらないと思われるかもしれませんが
生体3での狩で支援面では基本的な支援以外で必要なのはアスムキリエとLAだけであり
これならばMEプリであっても十分にできます、
また必須スキルともいえるセーフィティウォールですが
MEプリならばすばやく使うことができますので
全く役に立たないわけではありません。
また今後のパッチでは生体3のLKとAXの種族が悪魔になりますので
生体3でMEが必要とされるときが来るかもしれませんね。

私自身は引退を宣言した旦那と何度もペアで生体3へ行き
そして何度も死んできました、
ですがそのおかげで生体3での立ち回りがわかって来ました。
今後MEが必要となる状況がくるならば
私は行って今まで学んできたことに加えてMEをつかっていきたいと思います。

~総評~
やはり元が支援職だけあってMEのディレイの間にヒールをもらえるアコ系は
MEと総じて相性がいいと思いました。
またプリ、モンクどちらもMEでスキルが足りない部分が問題ないことがおおく
その点も相性のよさをさらにあげている要因だと思います。
なおMEプリペアを入れなかった理由は
MEでペアを組んだ場合2人同時に動くよりも
別々に狩をしたほうが良かったということになるので今回は書きませんでした。

次回からはMEでは支援が厳しい面のある後衛系です

○お返事○

テオドールさん>
商人系はほんと侮ると痛い目を見ると思います、
臨時などでも十分落ちてもいいのではないかと私は感じます。

アリエンさん>
こういった形の考察は書くのはかなり大変ですが
皆さんの声があるからこそ書いていけます、
こんな文でよければ参考にしてください。

Bijouの鍛冶屋さん>
たしかに最近のDはシーフ系でもよけれないことがありますから
万能キャラにはちょっと厳しい面が多いですね
ですがBSにはまだグリードがあるので大丈夫です。

コメント
この記事へのコメント
詳しい考察ご苦労様でした~

アコ系だと互いに欠けている部分を補えるのが

良いですね~

その分コンビネーションとかの勉強とか

必要になってきそうですね
2007/01/30(火) 17:35:43 | URL | テオドール #-[ 編集]
はじめまして
はじめまして、殴りプリをしているふたことと申します。
MEプリさんとのペア狩りを時々してますが、仰るとおり、相性は結構良いですよ。
だいたいMEを主戦力とする狩場で、タゲ取り係とディレイや詠唱中のヒール係を、殴りプリの私がしております。
ヒールをするほどでもない場合は、お互い違うMOBにLA落としたりして殲滅時間を減らしてます。
また、どちらかが回線切れなどで落ちた場合にも、それぞれソロで狩れますので、復帰までの間持ちこたえることが出来ます。

ニブル谷などでは記事にございますように、マーダーを殴りが倒し、他をMEで倒してもらっています。
MEで倒し終わった時にまだマーダーを倒せていなかった場合は、そのDEXを生かしてMEプリさんにHLを撃ちまくってもらっています。

長々と失礼致しました。
すごく詳しく書いていらっしゃるなあ~と思って、ついコメントさせてもらいました。
2007/01/30(火) 22:08:32 | URL | ふたこと #AmLSuCI6[ 編集]
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。